Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/repo/public_html/diet.repo.rakusaba.jp/wp-content/themes/biz-vektor/functions.php on line 557
ボクシングエクササイズとは違います! | 本八幡・麹町・お取り寄せ
健康と美が6:4ぐらいのダイエット。行くぞアラフォー180cm!

ボクシングエクササイズとは違います!

※左足を前に置いたファイトスタンスで書きます。

 

グループキックとボクシングエクササイズは同じように格闘技の動きをするので混同しがちですが、全くの別物です。

一番簡単に言えば、グループキックはジムのコーチが、ボクシングエクササイズはボクシングジムの人がインストラクターです。

スリム・コンバット (レタスクラブムック)グループキックの方が参加しやすいです。インストラクターがジムのコーチなのでマシンジムでも会うことがありますし、参加するにあたっての相談もしやすいです。さらにグループキックはオアシスが振付を考えて色々なフィットネスジムに展開しているプログラムです。そのため、いかに参加者のテンションを上げるようにきっちり考えてあり、曲にもパンチをしたタイミングでヒット判定した時のようなSEがついています。グループキックはテンション上げやすいですよ。

動きの違いは「キックがあること」ではないです。グループキックにはほとんど防御がなく右フックと右アッパーがあることです。

 

 

 

 

 

どちらにも参加していて感じるのはグループキックの方が有酸素運動として激しく感じます。へばると丸きりついていけなくなるので、ちょっと悲しくなります。(周囲の目に恥ずかしいと思う必要はありません。みんな、周りを見渡す余裕はありません)

体との対話をしながら行うとボクシングエクササイズの方が運動量が高くなるように感じています。

グループキックとボクシングエクササイズはレッスンの時間帯が重なることはほとんどないと思いますので「どちらを選ぶ!?」というようなことにはならないでしょう。ですが有酸素運動を激しく!ということでしたらグループキックの方でしょう。

ノーブランド 足 サポーター Lサイズ ◎左右1組◎ ボクササイズに、空手・キックボクシングの練習に、試合にどうぞ!


Fatal error: Uncaught TypeError: Argument 1 passed to Ai1ec_Exception_Handler::handle_exception() must be an instance of Exception, instance of Error given in /home/repo/public_html/diet.repo.rakusaba.jp/wp-content/plugins/all-in-one-event-calendar/lib/exception/handler.php:191 Stack trace: #0 [internal function]: Ai1ec_Exception_Handler->handle_exception(Object(Error)) #1 {main} thrown in /home/repo/public_html/diet.repo.rakusaba.jp/wp-content/plugins/all-in-one-event-calendar/lib/exception/handler.php on line 191