手の先まで意識を保て。

びしっと決めるところがふにゃっとかわいくなったり、頭に手を置いているところが、故三平師匠の決め技のようになってしまったり。
今のところこんなことを考えている

  • 腹に力をいれる1
    昔から言われていることですが、最近になって力の入れ方を分かってきました。へその位置は「手を上げて背伸びをしたときに上がったヘソの位置をキープする」
  • 腹に力を入れる2
    股関節の内側にある腸腰筋に力を入れる。股関節のうちがわに手を当てて力を入れると、ポコっと動くところがあります。それが腸腰筋です。(確かそんな名前だった)。ここを鍛えておくと腰痛に効くそうです。
  • 腕は背骨からはえているつもりで動かす
    前にダンス発表会で踊りのうまい人に言われてはっとしたこと。漫画なんかでよく見ることなのにすっかり忘れてました。手を長く見えるようにするには腕は肩から始まるのではなく、背中から始まる感覚を考えながら踊ること。

他にも色々言われたり、読み聞きしてきているはずなんだけど、当時はレベルが追いついていないので実感なかったり忘れたりしていますが、おいおい思い出したり実践したりできたら言いなぁと思いながら生活してます。