あれは3年前のこと

あの三年前のあつのなつい日、90kgを超えた私はやばいものを感じていた。アラフォーである。

 

痩せた時に、皮が戻らずにたるむんじゃないか?大相撲を引退した小錦八十吉(六代目らしい。知ってました?)さんは皮が戻らずにたるんたるんです。小錦さんは全身がたるんたるんなんです。巨乳のおばあちゃんのおっぱいもたるんたるんです。

 

焦ってました。その時が90kg。私の身長である180cmのBMI標準は71.3kg。つまり18.7kgデブっているということです。

 

そこで思ったんですよね。一日300g落とし続ければ、一か月で9kg減らせるじゃない?(バカの考え方)300gなら生活で増減する範囲だ、行こう!

 

こうして、バカなダイエットの一か月間が始まりました。

 

あの時もダイエットの時のために自転車を買った

ダイエット方法に食事制限は考えませんでした。そして体を動かすのが嫌いではないです。

ジムのルームランナーで走ると膝を壊す自重です、運動方法は自転車の一択でした。自転車での通勤です。

 

初夏、職場までは22km。1時間20分。

 

買った自転車は3.5万円。ネットで買いました。白くてかっこいいやつです。

 

※なお、通勤定期は買ってました。さすがに完全に切り替えるほどは毎日は通勤できませんでした。特に最初のほうが3日に一度だったかなぁ。

その結果。

すったもんだあって、9kg目標が12kg痩せました!

 

さらに二か月後に同じことをしてさらに10kg近く痩せました。

 

もちろん、もともとが肥りすぎで、

「超デブ」が「デブ」になったぐらいのもんですけどね。

 

一年後、再び自転車通勤を開始

私にとって自転車の時期とは5,6月です。ほかの時期は暑すぎて寒すぎる。そのため、次の自転車通勤は一年後でした。

自転車通勤を再開し、鉄道定期を買わなくていいかなと思い始めました。

 

そのころからパンクが増え始めてました。近所の自転車屋に持っていってましたが、あまりに多いパンクに「ちょっと高いタイヤを買ったらパンクの回数を減らせますか」の質問に「こういったものです」の返事。

 

ある日、朝の往路でパンクしてしまいました。地元でいつも言っている自転車屋さんに持っていくことができないので、出張サービスのパンク修理屋さんがあることを知り、お願いしました。

パンク屋さんが会うと彼が言いました。

「これで日本の公道を走ってたら、そりゃパンクするよ」